側弯症に効果的な手術方法をチェックしてみよう

脊椎疾患に効く脊椎固定術

側弯症の手術だけをピックアップしてみると、使用する器具や技術は色々と進化が進み、画期的な手術方法が誕生しています。その中でも脊椎固定術と呼ばれる方法は側弯症を含めた脊椎疾患に非常に有効的な手術になります。

側弯症に効果的な手術

後悔をしない手術を選ぼう

側弯症の湾曲の度合いが大きい場合だと、腰痛や肺や心臓などの臓器に影響を与えてしまうため、日常生活が不便な際は手術を行ないます。治療法もなくて、背骨を少しでも改善する方法はやはり手術しかないのですか、大きな決断が必要になっていきます。そのため、手術の方法やメリット、デメリットなどをしっかりと確認して悔いのない選択をするようにしましょう。また、最近では新たな手術方法も誕生していますよ。

脊椎固定術とは

脊椎固定術とは患者本人の骨を脊柱に移植したり、医療法の金属などで脊椎を固定することによって神経圧迫による脊椎の痛みを除去する治療法になります。脊椎は身体の動きをスムーズにしたり、脊椎内にある中枢神経を守る働きを持っており、この脊椎が変形してしまうと、隣の神経を圧迫して痛みを発生させてしまいます。これらの痛みを取り除く方法として、効果的とされているのがこの脊椎固定術になります。

前方侵入椎体固定術(OLIF)

この手術方法は側方からアプローチを行なうもので、後方から行なう術式と比較してみても患者への負担が少ないとされています。また、重度の側弯症の治療に用いられます。従来の手術方法よりも椎体に到達するまでのリスクを大幅に回避出来て、高度医療に取り組んでいる病院でも採用されている方法です。筋肉を切ったり、骨を削る必要もないため出血量が少なくて、高齢者の患者にも適用することが出来ます。

腰椎後方椎体間固定術(PLIF)

主に不安定な腰椎を安定化させるためにこの腰椎後方椎体間固定術を行ないます。側弯症にも効果が期待できる手術方法になります。病院によっては内視鏡での手術を行なうことから、X線透視装置を使用することで切開部分をなるべく小さくすることが出来る手術となっています。そのため、患者への負担も比較的少ないと言えます。手術の翌日には身体を起こすことが出来て、2日後には歩行可能になるのが一般的です。

手術後の経過

側弯症の手術後は、1~3週間の入院が必要となる場合があります。また、退院後も状態に合わせて数か月はコルセットを装着することもあります。なお、脊柱の手術を行なったからといって、身体を満足に動かせないことではありません。スポーツは個人差がありますが。6か月~1年程度で復帰することが可能でしょう。なるべく状態よく過ごすためにも、手術の内容だけではなくて術後の経過や注意点などもしっかりと理解することが大切です。

広告募集中